浅瀬で泳ぐ

ぷかぷか浮いてみたり、海の底の方を見てみたり

噛むと一人でびっくりする

春になって冬にはできなかったことができるようになり、

落ち着きなくバタバタバタバタしていて、

 

勢いあまってマグカップを唇にぶつけて

唇の裏側にできた傷から

口内炎ができてしまった。

 

最近口内炎はできていなかったので

なんかすごく負けた気分だ。

 

口内炎ってできるとなかなか治らないし

食事のたんびに気になるし、

下手すると治りかけてきたやつを

また噛んでしまって

そしてまたなかなか治らなくてぐぬぬとなる。

 

キャベツの千切りって

口内炎を攻撃してくるのを忘れていた。

 

子供の時、年末に口内炎ができちゃったときに

年越しにお刺身が

食卓に登って、

お刺身大好きなのにしょうゆがしみて

 

意識がそっちに持っていかれて

ひっそりぎぎぎと

なっていたことを思い出しました。

 

(食い意地が張っているので

食べないという選択肢はなかった。)

香りの感想 ダイソー ボディファンタジー ボディスプレー フリージアS 

ボディファンタジー フリージア 

ボディスプレー フリージアS 

を使用してみましたので

香りの感想を書きたいと思います。

 

ボディファンタジー…。

いつもドラッグストアで

輝きを放っているのだけどさ。

めっちゃたくさん種類があるからさ。

(いや、どう考えてもそこがいいんですけど) 

 

一個買ってしまったらまた

他の物試してみたくなるかも

しれないじゃない…。

 

と思って長年手を出せずにいたのです。

 

しかし気になる…とずっと思っていて、

ダイソーにミニサイズが置いてあったから

購入してしまいました…。


f:id:kasugamakie:20210412170433j:image


29㎖入りで300円の商品でした。

ダイソーで売っている

ボディミストの中では

一番高いのかな。

 

でも、

容器の形や色やイラストはとてもかわいい。

容器のサイズは高さ11.5㎝くらいで

ポーチに入れやすいサイズですね。

 

 

 

ボディファンタジー フリージア 

ボディスプレー フリージアS 香りの感想

 

つけてすぐは、

キーンとした

冷たい花という感じの香りで

清潔感があって

甘みのない香りですね。

 

なんだか懐かしい香り。

ヘアケア用品などでありそう。

 

つけたてがキーンとした香りに感じるのは

アルコールの香りが強いからかなぁと思い、

 

 

ティッシュに吹き付けて

しばらくたってから

また鼻を近づけてみると…。

 

やはり香りの印象としては

冷たい花という感じなのですが

 

アルコールのキーンとした香りが飛んで、

シュッとした香りの印象が

つけたてより強くなった気がします。

 

ちょっと柑橘系に近いような

衣類用洗剤のような、炭酸のような。

 

さらに時間がたつと

シュッとした感じが弱まって

香りは少しおだやかになっていきます。

 

最終的な香りは

冷たいけど大人しい印象の

お花の香り、というふうに感じました。

 

そして

なぜか美容院を思いだします。

(美容院の香り好き…。)

 

 

ボディスプレーですが、

結構香りは強いので

つけすぎ注意かなと思います。

すんっとした香りですし。

 

 

最初はアルコールの香りや

シュッとした香りが強いので、

個人的には

最終的に残る香りが一番好きかな。

 

ボディファンタジーの定番商品という

イメージがあるのですが、

 

結構冷たい感じの香りで

かつ香り強めな感じがするので

 

意外と好き嫌いの別れそうな

香りなのではないか、という感じがしました。

 

ツンとした花の香りの製品が

苦手な人には合わないかなぁ。

  

上半身とかにいきなりつけると

最初は香りに酔うかもしれない。

 

脚などにつけてなんとなく

香りがするくらいがいいかもなぁ。

 

清潔感がある香りなので

ほんのり漂っているくらいが素敵な気がする。

 

 

 

 

おいしかった

朝。

二個おにぎりを作るとしたら、

微妙かな…という量のごはんが残っていたので、

大き目の一個のおにぎりにして

 

あ、これは…でかすぎた食べきれないと

7分の1くらいの量を残しておいて

 

……すごいちょっとしか

ご飯残してないけど…と思いつつ

お昼にお茶漬けの素をかけてみたら

普通の量のお茶漬けができた。

 

 

よく切れるのはもちろん

家族が新しい包丁を買っていた。

全体が銀色で小さめの

かっこいい包丁だ。

 

ちょっと使わせてもらう。

 

食材と包丁が触れ合ったりして

 

小さいけれど

 

 シャキーン

 

とか響きのある音が出て、

なんだかこっそりテンションが上がる。

 

人に気づかれない

自分だけに聞こえる程度の音が出て、

やる気や気分に反映されるところがとても良い。

一日目はまどろっこしいいいとなった。

やりたいことがあって

書籍に書いてある内容を

ルーズリーフに書き写す作業をした。

 

それが、自分はこんなに文字を

書くスピードが遅かったっけ?となり、

なかなかショック。

 

ほとんど毎日パソコンやスマホ

入力ばっかりしていて

 

文字を書くといえば、

 

たまに書類を書いたり

ホワイトボードに文字書いたり

手帳やカレンダーに予定など書いたり

読みたい本・見たい映画リストを作るぐらいだったので

 

ある程度長さのある文章を

手書きで書くことが久しぶりだったのだ。

 

気ばっかりあせって、

 

実際の出力のスピードと、

自分の文字を書きたいスピードが

ぜんぜんあっていないので

 

文字が落ち着きがない感じ、というか

がたがたに崩れた

走り書きみたいになってしまって悲しい。

自分で文章を考えているわけでもないのに。

 

でも、ルーズリーフに文字書いて、

ペンでボーダーラインとか引いて、

バインダーに挟んでおく、

 

とかいう作業、

しばらくやってなかったから

なんか楽しい気分になった。

 

あと、結構肩がこったりするから

ストレッチとか運動をしたい気分が

高まるのもいいかもしれない。

 

一定時間座っていると、

立って作業したくなったりするから

早めに料理や掃除したくなったりね。

そしていつの間にか消えた

目の端で時空が歪んだ!

という感じがして

 

(なんか、ホログラムにバグが発生して

できた黒い穴がとびとびに動いてる…みたいな。)

 

 

視線を向けると

小さな蜘蛛が歩いていたのだった。

 

蜘蛛の移動の仕方って

スムースに動くのではなく

 

なんかちょっとカクカクした

パラパラ漫画みたいというか

スムースでないCGみたいな

動きをするので

 

目の端でとらえて

なんだなんだと思ったのかなと思う。

 

それにしても時空が歪んだ!って思うのは

いろいろ見すぎだなと思う。

ホログラムに囲まれたこと、ないし。

 

自分の部屋を出るのはやや気まずい

雪かきの副次的な効果が出たのか

 

「うっせぇわ」を聞くのにはまり、

 

 

踏み台昇降中も

通常ver. リミックスver.ピアノver…と繰り返し

 

はぁぁぁぁのところで

はぁぁぁぁという顔をしつつ

 

時間を忘れて聞きながら動いたので

カロリーが消費されたためか、

 

少しウエストのサイズが落ちて、

入らなかったスカートが入るようになった。

 

何年か前に

GUのセールで買ったハイウエストのスカートで

ギリギリのサイズで買って、

(一個大きいサイズは売り切れだった)

 

そのうち完全に入らなくなっでいたやつがあるのだが、

 

これがまた入るまで

痩せようと思っていたのだ。

 

このスカートが入るようになって

ちょっとうれしい。

 

まだ、ぎりぎり体を押し込めれば入るし、

立ったままでトップスでごまかせば違和感がないが、

 

多分座ってご飯を食べたら

ジップが心もとないという感じなので、

 

少しづつ続けて絞っていきたいところ。

 

今着ている服できついやつを試した後は、

過去に着ていた服も着てみたくなります。

 

私は結構体重が増えたり減ったりするのだが

 

 

(気づいているのは私だけで

周りから見たら大した変化はなく

ずっと太めだとは思うが)

 

 体重が落ちるたんびに試しに着てみる服がある。

 

 

その服は 

プチプラ海外ブランドで買ったワンピースだ。

多分セールで買って安かったもの。

 

この服はノースリーブで

体のラインに沿っていて、

しかも背中とかがっつり開いている。

 

「プロムに行きたいのか?(プロム知らんけど)」

 

という感じのワンピースだ。

 

昔だってこの服で歩いていたら

浮いてしまって着れないだろう。

外で一回も着ることがなく

クローゼットにしまわれた。

 

なんか多分、海外ドラマとか見て

気分が上がって

体のラインに沿うワンピース

思わず買っちゃったんだろう。

 

なんかSATCで着てそうな体の線にぴったりの服と

GLEEのステージ衣装を足して二で割って、

身近な感じにしたようなワンピースだ。

 

服をクローゼットにしまいこんでからは

こんな自分の生活にまるきり合わない

着ない服を買って…と

見るたびに過去の自分を恥じる気持ちが

湧いてきたりもしたのだが、

 

時間がだいぶたったせいか

そういう気持ちが今はわかない。

こういう服を買いたかった、

憧れていた時期があったのだなぁ。と

思うばかりだ。

 

そのワンピースを今着てみると…

昔よりも違和感がねえな。

 

日常生活で着るには無理があるし

背中が出ているのでそのままは着れないけど。

 

昔は外で着ていたのでもなく

部屋で着てたって

違和感バリバリで

がっかりしていたのに。

 

これは痩せたとか

体形に合うようになったせいと言うより

自分に対する期待値が低くなり、

 

浮いてようが、似合っていなかろうが

自分の気分が楽しければいいと

思うようになったからかな。

(少なくとも家の中では)

 

今の生活では

圧倒的にカジュアルが過ごしやすく

カジュアルな服ばっかり着ている。

 

カジュアルで自分の好みの服はたくさん売っているし、

自分の生活圏でも浮きにくく、

そして作業もしやすい。

 

自意識的にも実用的にも楽ちんだ。

 

でも私はたまにこの実用性のない

プロムに行くみたいなワンピースを取り出して

眺めるのも好きになった。

 

なんだか物足りない気分になったら、

このワンピースを唐突に着て

(部屋の中だから誰の目も気にならないし)

パソコンのキーボード打とうかなぁ。